高齢者の筋トレについて!

高齢者でも筋トレは必要です。今後の体のことを考えると筋トレをしている方が明らかに有利ってご存知でしょうか?
MENU

高齢者の筋トレについて!

年齢を重ね、高齢者になれば、当然、体力、筋力は徐々に減少していきます。日常の生活で、若い頃のように、意識しないで生活していたのでは、体力、筋力は落ちるばかりで、その程度も、人それぞれ違います。

 

一般に、高齢者の体力、筋肉の減少幅は、上半身より、下半身の方が、進みやすく、例えば、上半身の減少幅が20%だとすると、下半身は30%程度と、下半身の方が減少幅が大きいのです。

 

この事実は、高齢者の筋トレは上半身より、減少幅が大きい下半身に配慮、考慮し、各種トレーニング、筋トレ等を、検討することが必要となる事を意味しています。上半身、下半身の体力が違えば、体の上下の体力バランスが崩れ、若い頃のイメージで行動できなくなるのです。よくある例として、歩いている時に上半身の動きに、下半身の動きがついてこれなく、前のめりに転んだりすることが多くなったりします。

 

そうした対策として、上半身1、下半身2の割合で運動、筋トレし、上下バランスよく体力維持ができるよう訓練することを提案します。例として、毎日、下半身のトレーニングとして20分位程度歩いたり、ジョキングしたりし、上半身のトレニンーグの腹筋、腕立て伏せ等は10分位というような割合で、運動、筋トレすること等です。

 

よくある悪い例としては、室内で、上半身のトレーニングをやりすぎ、下半身の運動をおろそかにすることなどがあります。まとめとして、高齢者の運動、筋トレは、体の上下の減少幅を考慮し、その割合に応じて、運動、筋トレすることが重要という事です。

 

また、せっかく筋トレするならHMBサプリも一緒に飲んでみてはいかがですか?
筋肉をより効率よくつけることができます。

 

詳細はこちら

 

このページの先頭へ